お尻の黒ずみを消すならクリーム

 

お尻をふとした瞬間に鏡で見たら黒ずみができていてショックを受ける人は多いです。

 

  • 太ももからお尻がブツブツと毛穴が黒ずんでいる・・・
  • ざらざらしたり、赤いボツボツがある・・・
  • お尻ニキビがあって黒ずみもある・・・

 

などなどお尻が汚くて悩みを感じている人は増えています。

 

もしかしてあなたも汚いお尻をどうにかしたいと思っていませんか?
普段見えない部分だけあって、汚いと印象も更に酷くなってしまいます。

 

温泉でお尻を見られるのが恥ずかしいですし、水着を着てても心配となってしまいます。
後ろ姿がきれいな女性って憧れますよね!?

 

そんなお尻の黒ずみで悩んでいる人に人気なのがクリームを使ったお尻ケアです。

 

イスに座って体重がかかっていたり、下着の締め付けによって刺激が加えられているので特に黒ずみができやすくケアをしなければいけません。クリームを使って保湿成分などの美容成分を補給をすると共に、美白成分を肌に補給することでお尻の黒ずみやニキビを解消し、きたないのを改善することができます。

 

お尻の黒ずみをクリームを使って解消する人が多い理由

 

お尻の黒ずみはケアをすることによって解消をすることができます。ケア方法としては以下の3つの方法があります。

 

  1. 美容クリニックでの改善
  2. エステでの改善
  3. クリームを使った改善

 

しかし、お尻の黒ずみやザラザラしているのを改善したいと思ったときに美容クリニックやエステでケアしていこうと思うと1回の費用は2万円程度で抑えることができたとしても、何度も通院しなければなりません。

 

費用が20万円、30万円と高額となってしまいますし、何度も休みの日にでかけなける必用があり手間がかかるのと、休日も無くなってしまいます。そのため、費用を安く抑えることができるのと自宅で行えるのでクリームを使って黒ずみ解消する人が多いのです。

 

高いものでも6000円程度で購入することができますし、安くて効果があると評判のであれば4000円しないようなのもあります。

 

医薬部外品となっている厚生労働省から効果を認められたているクリームであれば評判が良いのも多く、黒ずみを3ヶ月程度で消すことができたなんて口コミも多いです。

 

お尻の黒ずみやザラザラを解消するのに大事なのは美白成分、保湿成分、肌への浸透する成分の3つとなるので、黒ずみクリームであればどの体の部位のを利用しても問題ありません。黒ずみはお尻、ワキ、デリケートゾーン、ヒザと色々な場所にできやすいですが、全て黒ずみの原因は刺激が関係しており、解消するクリームはどれを使っても問題ありません。

 

お尻の黒ずみクリームランキング

 

ピーチローズ

ピーチローズ

 

お尻の黒ずみとザラザラしたニキビに特化したジェルとなります。

 

数々の雑誌でされ続けており、最近であればレイ(ray)とヴォーチェ(Voce)の2015年12月号でも紹介がされました。今までに14万個以上販売がされている大人気お尻ケア商品です。

 

美容成分をナノ化することによって皮膚に浸透をしやすく作られており、美白成分であるプラセンタとニキビに効果的なグリチルリチン酸2Kを配合することで黒ずみとお尻ニキビの2つの有効成分でケアを行うことが可能です。

 

黒ずみだけでなく、お尻のざらざらを効果重視でクリームを選びたい人に人気となっています。

 

ロコシャイン

ロコシャイン

 

ロコシャインは黒ずみに特化したクリームとなっています。

 

販売ページはヒザについて紹介されているのですが、黒ずみの原因は刺激によって分泌された色素沈着となるので、お尻に使用しても全く問題なく、利用者は非常に多いです。

 

ピーチローズ同様に有効成分としてプラセンタ、グリチルリチン酸2Kを配合しており、他のクリームと比べても配合されている成分に劣っている部分はありません。それにも関わらず期間限定となってはいるのですが、キャンペーン特化での販売がされており、利用者がどんどん増えている状況となります。

 

低価格できちんと有効成分が配合された評判のクリームを使いたいって人に人気となっています。

 

ピューレパール

ピューレパール

 

ピューレパールは特に保湿に特化した黒ずみ用クリームとなります。

 

トリプルヒアルロン酸をはじめ、コラーゲン、ビタミンEと保湿力にこだわって作られており、肌にハリがでたと口コミでも多く書かれています。浸透力に優れたビタミンC誘導体も含まれており、有効美白成分も配合がされているので医薬部外品となっています。

 

お尻の黒ずみもある程度改善され、ハリのある状態を作りだしたいって人に人気となっています。

 

お尻の黒ずみに市販薬良いのはある?

 

お尻の黒ずみ対策として薬局やドラッグストアで販売されている市販薬を検討される方も多いかと思います。黒ずみができている人は大抵ニキビもできてしまいザラザラとしているので薬で治せば良いのかなと考えてしまいます。

 

黒ずみに関しては刺激が与えられたことによって体の中でメラニンが過剰に分泌がされたことで色素沈着を起こしているので色が黒くなっています。お尻ニキビなんて呼ばれたりもするザラザラは実際にはニキビではなく、角質が固まってできた固まりとなります。

 

ケアをしていない為にイスに長時間座ったり、蒸れたり、下着によって締め付けられたことで代謝が下がったりと肌のコンディションを崩してしまうので、ターンオーバーが乱れ、角質が剥がれずに皮膚に残ってしまっているのです。

 

保湿成分の補給を行い肌のターンオーバーを促進させることで改善を行っていくので病気ではなく肌トラブルとなります。そのため、使うのは市販薬ではなくクリームを使うのですね。

 

オロナインで効果はある?

 

オロナインの効果効能にニキビが含まれています。しかし、ここに含まれているニキビは毛穴のつまりによりアクネ菌が繁殖したことで炎症を起こしできる肌トラブルとなります。

 

お尻ニキビなんて呼ばれたりするので勘違いする人も多いのですが、顔にできたりするものと少し違ったりするのですね。顔にできるのとは違いイスに座っても痛いと感じる人は少ないです。

 

角質が固まってできたザラザラとなるので痛みがほとんどないのですね。

 

オロナインは黒ずみのケアやお尻ニキビと呼ばれるたりするザラザラするのには効果がないので間違えないようにしましょう。きちんとスキンケアをすることで汚いお尻をきれいな状態にすることができます。

 

お尻の黒ずみにピーリングは効果ない?

 

黒ずみの原因としてはメラニン色素が皮膚に色素沈着をしている為です。ピーリングを行い角質(古い皮膚細胞)を剥がすのは効果的ではあるのですが、解消するまでの効果はありません。

 

あくまでピーリングは肌の表面上の古い角質を剥がす効果となるので、色素沈着した表面だけの皮膚を剥がしてもたいして意味がないのです。メラニン色素は肌の奥にあるメラノサイトと呼ばれる場所で生成がされるので、奥深くの皮膚まで色素沈着を起こしているのですね。

 

メラニンがからだの中で大量に作られる原因としては皮膚への刺激です。ピーリングは刺激を与えてしまうこともあるので、逆に悪化してしまうこともありできれば黒ずみには行わないほうが良いです。

 

ましてやお尻の割れ目付近などデリケートな部分には特に注意が必要です。黒ずみクリームを使う人が多いのは低刺激で作られており、有効成分が配合されているので利用をしているのですね。黒ずみクリームを見れば分かるとおり、大抵のものは無添加で作られています。

 

刺激を与えると悪化させるから無添加になっており、ピーリングのように肌への刺激を与えてしまうのはあまりおすすめではありません。黒ずみクリームを使いながらピーリングを行う必要もないですし、クリームによりお尻ケアのみで問題ありません。

 

黒ずみクリームは状況に合わせて選ぶ

 

お尻が汚い人でも状況は人それぞれ異なります。

 

黒ずみだけが酷い人もいればザラザラがある人もいます。全ての人にあった万能なクリームがある訳ではありません。

 

とにかく効果重視で選びたいの評判の良いピーチローズ

費用を安く抑えたいのであれば激安なロコシャイン

 

ただ、ロコシャインに関しては配合している成分が他と変わりないのからも分かるようにもともと激安なのではなく、キャンペーンを行っている為に安くなっています。そのため、いつ価格が元の値段になるかは分からないです。

 

お尻が汚いと彼氏に幻滅されるだけでなく、試着室での同性の目も気になります。特に夏場となると水着になるので後ろ姿が魅力のない女性になってしまいます。

 

できるだけ早く改善をした方が良いので、利用者も多く効果があったと評判の良いピーチローズを使うのが個人的にはおすすめです。

 

 

更新履歴