お尻が黒くてかゆいのは2つの原因が関係をしているから

 

お尻の黒ずみに悩まされているとかゆみを感じることがあります。

 

色が黒い原因はメラニンの色素沈着だし、かゆみの原因は乾燥をしてしまっているからです。
2つの肌トラブルは全く関係はないように見えますが、実はそれは間違いです。

 

お尻の黒ずみとかゆみの両方に悩まされる人が多いのは、この2つの原因が大きく関係をしているからなのですね。

 

そして、かいて刺激を与えてしまえば更に黒ずみを酷くし、どんどん汚いお尻へとなってしまいます。

 

黒ずみとかゆみケアは原因も似ていますし、治す方法もスキンケアで同じです。
どんどん黒くなりかゆみも増していくので、早めのケアが大事となります。

 

お尻の黒ずみとかゆみの関係性

 

お尻の黒ずみとかゆみが関係をしている部分は肌力の低下です。

 

もともと美肌にする働きが行われています。ターンオーバーやバリア機能といった肌機能が働くことによって、肌トラブルを防ぐようにしているのです。

 

しかし、乾燥をすることによってこのどちらの働きも弱まってしまいます。

 

バリア機能が低下をしてしまうと刺激を軽減することができません。

 

そのため、バリア機能が低下したお尻に与えられた刺激によって、メラニンが分泌をされ黒ずみの原因となります。また、刺激からお尻が炎症をしてしまい、かゆみを引き起こしてしまっています。

 

黒ずみもかゆみも肌機能が低下をしてしまっているからなのですね。

 

黒ずみケアをすればかゆみケアにもなる

 

黒ずみもかゆみも止める方法の根本は変わりありません。

 

スキンケアをすることで肌力を正常な状態に戻すことです。

 

黒ずみケアに有効なのはターンオーバーとバリア機能を高めることです。ターンオーバーの働きによってすでに色素沈着をしている古い角質を外に落としてしまいます。そして、バリア機能の働きによってメラニンが分泌されるのを防ぐことができます。

 

肌力を高めることで予防と黒ずみ解消の両方の効果が期待できるのですね。

 

かゆみケアに有効なのはバリア機能です。

 

バリア機能を高めることによって外的刺激を軽減することができます。そのため、お尻が炎症をするのを防ぐので、かゆみを引き起こさないようにする効果が期待できます。

 

かゆみも黒ずみもどちらのケアに大事なのは肌力を高めることなのですね。

 

お尻が黒くてかゆいのまとめ

 

どちらのケアにも人気なのがクリームを使って保湿をすることです。黒ずみであれば美白成分が配合されているのを利用します。

 

その理由は肌力を高めるために必要だからなのですね。

 

お尻の黒ずみができているってことはバリア機能も低下をしているはずです。そのため、かゆみにも悩まされることにもなるのです。

 

肌力を高めるお尻のスキンケアを行うようにしましょう。

 

お尻の黒ずみを解消するならクリーム