お尻が黒い原因は刺激による色素沈着


ふとお尻を見たら色が黒かったなんてことはありませんか?

お尻が汚いといわれる女性の多くは色が黒いかぶつぶつしていることが多いです。
この色が黒くなってしまった症状のことを黒ずみといいます。

お尻の黒ずみは紫外線ダメージによってできるシミと変わりありません。
肌への刺激によってメラニンが角質層にあるメラノサイトでメラニンが作られ、皮膚に色素沈着をしてしまうのが原因となっています。

ただ、シミが紫外線ダメージによって顔や首など露出している部分にできるのとは違い、黒ずみは皮膚が薄いお尻や陰部や脇やヒジなどにできやすい共通点があります。

その理由としては肌が乾燥をしてしまっていることがあげられます。

このページではお尻が黒い原因を理解して、どうすれば黒ずみを解消することができるかまで詳しく解説をしていきます。お尻が黒いと感じたのであれば悪化をしてひどくなることもあるので、早めに解消をしていくことが大事となります。

お尻の色が黒いのはメラニンの色素が肌に沈着しているのが原因


お尻の色が黒いのは角質層ないで作られるメラニンが色素を持っているためです。

メラニンが肌で作られる原因は刺激から皮膚を守る役割を持っているためです。そのため、肌への刺激を与えることでメラニンが過剰に作られるようになり、肌に付着をしやすくなります。

お尻は椅子に座ったりすることで乾燥をしていたり、座っている最中のこすれなどが刺激となってしまうこともあります。

生活をしているうえでお尻への刺激を防ぐことはできないのですね。
そのため、刺激を軽減するためのバリア機能などの肌の働きがあります。

乾燥をすると刺激に弱くなる!バリア機能を高めて原因を解消する


肌の働きのひとつでバリア機能と呼ばれるものがあります。

バリア機能はヒアルロン酸やセラミドなどの保湿材の膜によって成り立っています。10代と20代では別の肌トラブルに悩まされることが多いですが、この保湿材の膜であるバリア機能が低下をしやすいのが関係をしています。

20才を過ぎたころから肌内の保湿成分は少しづつ減少をしていってしまいます。
そのため、肌は乾燥をしてしまい、バリア機能に関しても低下をすることとなります。

お尻が乾燥をしてバリア機能が低下をした状態は刺激を軽減する役割が低下をしている為、刺激が肌へと伝達をしやすくなります。そのため、お尻の黒ずみができてしまう人が増えてしまうのですね。

お尻の黒ずみを消すなら保湿と美白が大事


お尻の黒ずみを消すために用いられることが多いのが黒ずみクリームです。

黒ずみクリームには保湿成分と美白成分の2種類が含まれているだけでなく、もともと肌への刺激が原因となっているので、使われている成分も肌に優しいものが多いです。肌に刺激を与えず、保湿と美白の両方ができるクリームとなっているのですね。

そのため、お尻の黒ずみの解消をするために多くの人が利用をしています。

しかしながら黒ずみクリームとは言え、万能薬ではありません。そのため、お尻の黒ずみを解消したいからと黒ずみクリームを使っているだけでは、効き目を感じれないなんて人もたくさんいます。

当然のことながらいくらケアをしていたとしても原因の解消ができていなければ、悪化とケアの両方を同時にしていることとなります。
本気でお尻の黒ずみを消したいのであれば、悪化の部分を省きケアができている状態にしなければなりません。

黒ずみの原因を解消するのが大事


お尻の黒ずみの原因となる一番の要因は肌が乾燥をしてしまっていることです。
しかし、保湿に関しては黒ずみクリームなど化粧品を使ってケアをするなど、できる対策は限られます。

そのため、黒ずみを解消するための保湿と美白に関してはクリームに任せるしかほとんどケアの手段はありません。

しかし、もうひとつの直接な原因であるお尻への刺激に関しては解消をする方法はたくさんあります。
椅子には座布団を引いてできるだけ刺激を和らげるように心がけるようにしましょう。

そして多くの人が忘れがちなので、お尻の衛生面やお風呂で洗うことです。

ごしごしをしても刺激になるだけで黒ずみの原因を作りだしてしまいます。できるだけ泡立てて優しく洗うようにしましょう。
また、パンツによって蒸れたりをしやすい部分でもあります。

肌への刺激は椅子の摩擦などの直接な原因だけでなく、雑菌の繁殖による刺激もあります。

できるだけお尻を清潔な状態にするようにしながら黒ずみクリームを使ってケアをしていくことが大事となるのですね。

詳しいお尻の黒ずみを解消する方法やクリームについては下記の記事で別で紹介をしています。色が黒いと感じたのであれば、下記の記事を参考に早めにケアをしていくようにしましょう。

お尻の黒ずみ解消するならクリームへ