お尻の黒ずみを消す方法

 

お尻の黒ずみを消すので方法としては以下の3つです。

 

  • 黒ずみクリームを使う
  • 美容皮膚科での手術
  • エステで美容成分を美肌対策

 

この中でも利用者が最も多いのが圧倒的に価格も安い黒ずみクリームを使う方法です。黒ずみクリームには美白成分が配合されているのと、肌のバリア機能を高める為の保湿成分の2つが配合されています。

 

また、保湿を行って肌の健康状態を良くしていくことでターンオーバーが促進され、色素沈着した古い皮膚を剥がし新しいきれいな皮膚を作りだすことができます。

 

ただ、多くの人が間違ってしまうのがクリームを毎日つけているだけってことです。確かにクリームには改善効果があるので消す為の手助けをしてくれますが、黒ずみができてしまう原因を作りだしていればほとんど効果を感じることはありません。

 

実際には効き目はでているのだけど、新しく黒ずみができてしまっているのでほとんど意味がないのですね。きちんと理解をして正しいケアをすることでクリームを使ってお尻の黒ずみを消すための効果を体験することができるようになります。

 

消す効果をあげる為にかかせないのが予防

 

消す為に大事となるのはたったの2つです。

 

  1. 効果のあるクリームを使うこと
  2. 予防を同時に行うこと

 

クリームに関しては医薬部外品として厚生労働省から効果があると認められているのを利用すれば全く効き目がないってことはまずありません。実際に効き目があるからこそ医薬部外品として表記する許可が下りています。

 

効き目を全く感じれていない人は2つ目の予防をかかしている人が多いです。

 

黒ずみができる原因は肌へ与えられる刺激や下着の締め付け、汗による蒸れたなどで根本的には刺激です。

  • ピーリングを行い肌に刺激を与えている
  • お尻をかいてしまっている
  • 清潔な状態を保てていない

 

以上の3つには特に注意をしなければなりません。ピーリングは古い角質を剥がしますが刺激が強いので行わずにクリームのみでのケアを行うと良いです。また、洗顔石鹸でお尻をゴシゴシと洗ってしまうのも刺激となるのでよくありません。

 

刺激を与えないのと清潔な状態を保ちクリームを使ってケアをするようにしましょう。

 

黒ずみを消すまでの期間

 

黒ずみを消すまでにクリームを使う期間をきちんと分かっていないと大抵の人は途中であきらめてしまい失敗をしてしまいます。

 

色素沈着をして色が黒くなっている肌は奥深くまであります。メラニンを作り出しているメラノサイトと呼ばれるのは肌の奥の方にあります。そのため改善するまでには時間がかかります。

 

ターンオーバーを促進させたとしてもすぐに皮膚は生まれ変わらないのです。きちんとケアができている人で28日周期で古い皮膚を剥がし新しい皮膚を形成するターンオーバーは行われています。

 

黒ずみができていたり、ニキビができているのであればきちんとケアができていない証拠。

 

そのため、ある程度の期間は必要となるのです。少なくとも3ヶ月程度は利用をしなければ満足する効果を得ることはできないと考えた方がいいです。たまに2週間で効き目あらわれるなんて紹介しているwebサイトもありますが、肌の働きを考えればありえないので気おつけた方がいいです。

 

多少効き目があらわれて気持ち効果を実感できる人はいますが、1ヶ月以内で治るなんてことはありません。それは効果が高いが高額な美容皮膚科での手術を行ったとしても同じことです。

 

少しづつ効果はあらわれるものの満足するまでには3ヶ月程度の期間はケアをし続けなければならないと理解をしておきましょう。でないと本当は続けていればよかったものを途中で効果がでないとあきらめてしまうことにもなりかねないです。

 

お尻の黒ずみクリームランキング